2020年御礼

ブログ

2020年もあとわずか。

私は仕事が終わりませんで、明日も仕事します。

会計ソフトの打ち込みが領収書800枚ぐらい残っており(本当は毎日やるべきこと)明日一気に打ち込みます。

2021年の計画書も書き終わらず、1月4日からスタートしないと間に合わなく、5日締め切りのものもあり、おお、2日と3日は本番だ!

そんな年末を過ごしておりますが、2020年ありがとうございました。

AUBE GIRL’S STAGE、レッドカンパニーステージ、ご来場、ご視聴いただきましたお客様、ご支援ご声援いただいたお客様、ありがとうございました。御礼申し上げます。

本当に大変な一年でしたが、その中だからこそ出会えたご縁もありました。

ミニ公演ををたくさんできた年でしたので、新しい役者ともたくさん出会えました。出会えた、まあ、オンライン交信が多かったですけど、いい役者をたくさん発掘できました。

そして、今までにないことにたくさんチャレンジした一年でした。

新しい公演形態を多数企画(ボツも多数)
初のオンラインリーディング公演
Zoomの研究
クレジット決済の整備
一人芝居公演
稽古場でのコロナ対策
劇場公演配信の研究
クラウドファンディング
動画制作

大変でしたが、こんな世の中になったことを機会に、様々なことに挑戦したことが来年以降いい方向に向いてくれたらいいな思っています。

その中で、例えば飲食業の方々ならコロナが拡大して考えもしなかったテイクアウトを始めたとか、昼営業を始めたとか、もっとフラットにもっとこだわりを捨てて考えていかなければいけないんだなと感じています。

演劇関係者は良くも悪くもこだわりが強い人が多くて、むしろそこが価値だったりするんですけど、変わる勇気とか、変わったあと0からやり直す力とか、そういうところが問われているような気がするので、もちろん変わらないで静観するというのも一つの手なんですけど、うちは過去にこだわらず、新しい方向へ進んでいきたいと思っています。もちろんブレない中で。

2021年はもっと楽しいものや希望の強い作品を作りたいですね。うちは結構苦しいシーンを得意としているので(乗り越えたクライマックスを作るために)、そこも色々考えていきたいと思っています。

あと、演劇にこだわりすぎる必要もないとも思っています。とにかくお客様に楽しんでいただけることをたくさん考えて実現していきたいと思っています。

また、そうやって私たちがいろいろ挑戦していることが、どんな小さなことでもいいので、お客様、演劇関係者、どなたかに勇気とか希望を少しでも与えることが出来たら、これ以上嬉しいことはないです。

AUBE GIRL’S STAGEとしては、2021年、間もなく一つ情報解禁がございます。そして、6~7月にまたがった週は劇場公演が待っています。

まずは1月2日・3日の「星を買いませんか2020-21」見ていただけたら嬉しいです!

2020年も応援してくださってありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました