「空飛ぶ想い」ストーリーの見どころについて書きます、その2

ブログ

山本夢人です。
今日もブログを覗いていただいてありがとうございます。

今年は本当に雨に泣かされますね。梅雨は1か月間丸ごと雨でしたし。

今、東京は連続雨記録更新中だそうで、何日間になってるかは忘れましたが、10月としては139年ぶりの記録ぐらいの連続雨らしいです。明治時代以来だとか。今日も雨は降らならないという予想だったのに、突然夕方降り出しましたし。

全国的な被害に対して思うところは多大にありますが、私たちのような興行を行う団体としては、天候不順や災害というのは本当に辛いです。

その中で、10月期にはたくさんの方にご来場いただきましたし、ご来場いただけるというのは本当にありがたいことです。11月期・10月延期分・12月期、天候に恵まれますように。

さて、今日も、いよいよ来週末に11月期開幕となるリーディング「空飛ぶ想い」について、書きたいと思います。

前回のブログで、今回のお話は2006年のリーディング作品の大幅リメイク版であり、サッカーのW杯が舞台で、観戦する女性4人のお話であると書きました。

ネタバレを避ける形にはなるのですが、その中での登場人物は

アンナ
ユウコ
エリカ
ナルミ

この4人です。2006年時は、本公演でも名字を付けないキャラクターが多かったですね。

そして、リーディングではそれぞれキャッチフレーズをつけたりしていまして、宣伝時にお伝えしていたりします。

たとえば初夏に行ったリーディング作品「星を買いませんか」では「いい加減な女芸人:綾乃役」「恋に一途な女:有紀役」と名付けていました。

ですが、今回はネタバレを避ける意味で、会場でお確かめいただきたいと思います。会場に簡単なパンフレットをご用意しておりまして、そこに記載いたします。

今回は開演前にご確認いただきまして、色々想像を張り巡らしていただき、本番を見てください。あ、この役のこの役者さんは、こんなキャッチフレーズなんだ!それが本番、お!こうなるか!お、そっち行くか!おお、そうなる!みたいな。

ストーリー上、色々、工夫をしているつもりです。そのキャッチフレーズのイメージから、関係性や心情の変化を加えています。

ご予約いただいたお客様には、着席時からの、そう言ったお楽しみ方をおすすめしたいと思います。ま、微妙にこのブログで書いちゃうかもですが笑

そうはいっても、ぜひ今作品をどんどん楽しみにしていただいて、ご来場いただきたいというのもあるので、今日も前回のブログとは違った視点での、今作品の見どころについて書きたいと思います。

今日お伝えしたい見どころは、「キャラクターの感情の溢れ」です。

前回の「星を買いませんか」という作品も、2人のキャラクターがラストで感情があふれるのが印象的でした。そして、今回の作品もそこに取り組みました。

今回は4人登場するので、フルマックス溢れるキャラもいれば、そこそこの溢れだったり、困惑という感情の溢れのキャラがいたりもします。しかし、全キャラ、何かしらの結構な感情の変化がラストに待っています。4キャラがラストで感情あふれるというのは、作品創作として相当難易度が高いんですが、取り組ませていただきました。

リーディングで私が面白いと思うのは、やはりクライマックスに向かっての感情の溢れなんですよね。動きがないわけですし。小説チックに作るのがうちのリーディングの特徴というのもありますし。

しかも、見たことがある溢れではなく、日常ではなかなかない感情の溢れ。実は感じているけど可視化されていない感情、もしくは鈍感だった感情、でも多くの人が実は無意識に感じている感情、みたいなことだったり。

今回がどこまで該当するかはわかりませんし、他にも、スピーディな展開、2人のキャラの思惑のズレ、ディスコミュニケーション、などなど色々工夫を入れ込んでいますが、この「感情の溢れ」を楽しみにしていただきたいです。

そして、その台本上の「感情の溢れ」を表現するのは、役者たちです。

どこまでやってくれるか?この役者は、どんな方法や個性で表現してくれるのか?

明日(書いてたら日変わりました…)、いよいよ【SKY11】【FLY11】の顔合わせ・初稽古です。

11月期、どうなるか?

私が一番楽しみです!

まだまだご予約お待ちしております。
https://www.aube-girlsstage.com/next.html

タイトルとURLをコピーしました