AUBE GIRL’S STAGEリーディングライブvol.1
「星を買いませんか」

いよいよ明後日開幕します。

明後日5月26日(日)12:30の回は、まだチケットが残っていますので、ぜひご来場ください。

ご予約フォーム⇒https://bit.ly/2LT6y4I

今日は、ちょっとした白状をしたいと思います。

この「星を買いませんか」という作品のモチーフになった音楽についてです。

初演の時にブログに書いたので、もしかしたら目にした方もいらっしゃるかもですけど(もう消えてますが)

その曲は

スピッツ「さわって・変わって」

という曲です。

私の台本はリーディングだけでなく、舞台台本も、多少パターン化があるのですが

詩、という意味では、草野さんの詩からのインスピレーションを受けているのが多いかもしれません。

あと多いのは、中村うさぎさん。まあ、それは今日はいいか。

この「さわって・変わって」という曲がすごく好きで、当時イメージを広げていって、ずーっといつか作品にしたいと思っていた音楽でした。

この曲に出てくる、私の好きなフレーズ。

坂口安吾さんの「堕落論」

野田秀樹さんの「贋作・桜の森の満開の下」

にも出てくるあの言葉。

草野さんも使っていたので、オマージュとして、今回の作品で使っています。

挫折、人生のどん底、そこから見る風景。

そんな思いを込めた作品だったりします。

どん底から見る風景と、そこから這い上がった風景って、どんなだろね?

何か、そんなことを考えていた時に書いた作品です。

ぜひ、ご来場いただきたいです。